MrBeast - I Survived 50 Hours In Antarctica - 日本語

- ボクらは南極大陸に着陸したばかり。

これから50時間、ここでサバイバルするよ。

文字どおり地球の真下にいる。

地球で一番寒いところだよ。

- 凍死するのが楽しみだね。

飛行機が飛び立つよ。

それじゃ、またね。

それじゃ飛行機が行っちゃったから

これから50時間、逃げ場はないよ。

- 立ち往生だ。

- まず山に向かって歩いていって風を避けなきゃならない。

- ここは今まで見たことがないくらい美しい場所だ。

- うるさいよ、ノーラン。

- すでに吹雪いてるじゃん。

なんて幸運なんだ!

- 天気はもう最悪。

- こりゃ、ひどい!- なんてこった。

- ボクらがここに来たときに吹雪が起こる確率ってどのくらいなんだろう?

- 寒いよ!

- ジミー、正気の沙汰じゃないよ。

- 行くぞ!

- あの山の麓にシェルターを設営しよう。

うー、死ぬとこだった。

- 南極大陸!南極大陸!

南極大陸!

- ここをキャンプ・ビーストとする。

- 気温はマイナス30度、

あと49時間サバイブできるかどうか……

- つかめ、つかめ!

- テントが飛んじまうぞ。

- 大至急シェルターが必要だ。

説明書によれば斜めに刺せだって。

ああ!

- わかんないけど、みんな間違ってたみたい。

どうして、こんなにペチャンコなの?

ソデに入っちゃった!

- 連中、子どもみたいだな。

- お手上げだよ。

- おっと、順調じゃん。

- 見てみろ、俺たちサイコー!

- ビースト・キャンプは大盛況!

南極ではよくあることだけど、異常気象でテントが飛ばされちゃうんだ。

雪のブロックを切ってテントを風から守らないと。

- それで氷のブロックで壁を作ってキャンプを守ることにした。

- ここに来てから気温が華氏で20度下がってる。

早く壁を作らないと。

- なんてこった。

なあ、今までで一番たいへんな作業だったよ。

- ビースト・キャンプが完成したぞ!

氷の壁の完成だ。

風でテントが飛ばされないといいけどね。

南極で難儀するのは太陽が沈まないこと。

だから、いつが夜なのかどうか、わからない。

- 空きっ腹が教えてくれるよ。

- 空きっ腹は何時だと言ってるんだ?

- 夕ご飯の時間。

- おかえりなさい、あなた。

- おっ、ここは赤いな。

- 晩ご飯はサバイバル用携行食だ。

- ウヒョー!

- ジミー、これはひどいよ。

- 南極大陸へようこそ。

- 地球上でもっとも辺ぴな場所でどう食事するか、不思議に思ってる君にお話するよ。

まず水を沸騰させる。

それから- 熱湯を注ぐ。

こちらに気をつけてね。

そして10分後、食事の完成。

こんなふうに南極では食べるんだよ。

- どんだけおいしいか想像もつかないだろうね。

- ようやく眠れるよ。

- ボクのテントにはノーランとドリームがいる。

カール、君のテントには誰がいる?

- ボクとチャンドラーとサプナプとジョージだよ。

- 寝るんだろ?

- ああ 。

- ヘトヘトで具合が悪い。

南極大陸で病気になるなんてサイアク。

- ジミーはボクらがトンネルを掘っていることを知らないんだ。

- なんてことだ。- 掘り進めるぞ!

- とってもクレイジーだよ。こんなに下にいるなんて。

- ジミー、50時間も耐えきれないよ。

- 風が強くなってきたぞ。

こりゃ寝られないな。

よし、みんな、拳を突き出せ!

- 南極では太陽が沈まないから1夜目はたいへんだった。

- 2日目の朝だよ。

ベッドから出るべきかどうか。

だって、太陽が出っぱなしだから。

- 初めての朝。こいつはひどい。

- なあ、南極は楽しいところじゃない。

具合が悪いんだよ。

血反吐を吐いて目が覚めたよ。

- 南極ではテントを出る前に

長ズボンを履いて、長袖シャツを着る。

2枚目のズボンを履いて 、

3枚目のズボンを履き、ジャケットを着る。

その上にまたジャケット、スキーマスク、

何だかわからないけど、これ。手袋、手袋の上にまた手袋、

3枚目の手袋、目玉が凍らないようにゴーグルを着用。

これだけ着込んでいても、凍傷になっちゃうかもしれない。

2日目に突入。

すごく重要なことが2つある。

1つ目、

- 南極では雪の中でオシッコすればいいと思うかもしれないけど、それはダメ。

このボトルにオシッコして

撮影が終わるまで持ってないといけない。

気温はマイナス20度。

オシッコできるか、やってみよう。

なあ、やったぜ!

- やったって。

- やったぞ。

- やったじゃん!

- ウー、5分ぐらいかかったんじゃない。

そして2つ目。

ウンチをする連中が多いから

キャンプから離れた場所にウンチ用テントを設営するよ。

- ウンチ出る。

- 南極大陸の最悪なところは

巨大な吹雪があちこちから吹きさらして

マジで肌が凍りはじめちゃうこと。

- やばい、テントが!

ああ、イッテェ!

- この悪いテントめ!

- 押さえろ!

- 伏せるんだ、テント!

- よし、うまくいった。

このバケツがボクのトイレ。あっちが化粧室。

もっといい男に変身するよ。

- ノーラン、どうだった?

- 人生で最悪の経験だよ。

- 向こうに山があるだろ?

- [一同] ああ!

- 現時点でまだ名前はない。

みんな知ってるよな、山を登頂すれば

名称をつけられるって。

ボクと一緒にチャレンジしたいのは?

- ボクはパス。

- テントから持ち物をすぐに持ってくるよ 。

- 了解。

- テントに忘れ物しちゃった。

- 天気が悪いよね。- ウソだろ。

- ボクはやることが……

- なあ、ボクと一緒に登頂するんだ。

- ボクが最後まで残ったから?

- 落っこちた場合に備えて、括りつけとく人が必要なんだ。

- 風がおだやかで、うれしいよ。

- まじめな話、あの山にはまだ名称がついていないので

ボクらが登頂すれば名前を付けられる。

どんな名前でもね。

- それじゃあな!- あばよ。

- バイバイ。- それじゃ、穴作戦だ。

やろうぜ。

- かれこれ20数時間、

この穴を掘りつづけてる。

ジミーが戻ってくる頃には巨大なものになってる!

- 山は、はるか先。

それなのに最初の障害に出くわした。

氷の海だ。

この景色をご覧よ。

南極ってどうかしてる。

なあ、きれいだよ。

- とにかく気をつけて、ジミー。

- おっと。すごく滑るな。

- 気をつけて。

- ここに足を踏み入れた人類は10人以下。

- あれがボクらが登頂する山だ。

当然だけど、死んじまう前に登っちまおう。

- 前進だ!

- なんてこった。

- おっと。- 気をつけて。

- あ、こいつはワイルドだ。

ビビっちゃうな。

右側は降下している。

ひっくり返ったら、2000フィートは転がり落ちる。

ジミー!

- どうした?

- 30時間経過したよ!

- よし、やった!

- こいつは巨大な崖だ。

マジで行こう、マジで。

- あそこに落ちたら死ぬぞ。

- ああ、100%ね。

- カールはまだ掘りつづけてる。深いよ。

- なあ、どうやったら出られる?

- ジミー!

- ここだよ。

そのまま歩きつづけて。

- お、やった。生きてるぞ!

- オシッコ休憩だ。

- 「I CUP」って何だ?

- 「オシッコ姿見っけ」だろ。

- お前なんか嫌いだ。- ねえ、ジミー。

ねえ、ボトルを間違えないようにね。

- あ、そうだった。

あそこに小さな点が見えるでしょ?

あれがボクらのベースキャンプ。

連中、何してるかな。

- 飛行機が来るぞ、ブーン。

- アーン。

- ウマい。- ウマ!

- 穴がお楽しみを与えてくれたから今度は奴が穴のために提供する番。

- ジミーが山に登っている間に

ボクらはもっと壁を作ってキャンプを要塞化することもできた。

連中のテントをきれいにしてあげることもできた。

戻ったときに食べられる食事を用意してあげることもできた。

でも、その代わりにこの穴を掘ったんだ。

これはもっとも有意義な時間の使い方だよ。

- ボクの撮影なんかじゃなくって、あっちの景色を撮れよ。

違う惑星にいるみたいな気分だ。

ここが地球だなんて思えないよ。

この山を登頂しているところで

みんなにShopifyの話をするよ。

ビジネスを驚くほど簡単に始められるプラットフォームさ。

ShopifyのおかげでボクはYouTubeチャンネルにビジネスを転換できた。

自分が情熱を傾けているものの力になってくれるんだ。

たとえば登山のようにね。

フー。

ボクの関連グッズやFeastables製品を購入した人は

Shopifyを利用してるよ。

なあ、どうしたらいい?

Shopifyには感謝しきれないよ。

だって利用しつづけているから。

300万人の登録者に到達して以来ね。

Shopifyは文字どおり事業を活性化してくれる。

おっと。

よし。ちょっと待ってね、Shopify。

やった、もうすぐ登頂だ!

Shopifyは175カ国で事業の活性化を行なっている。

ビジネスを始めるのって怖いよね。

この山に登るみたいなもんだ。

- そのとおり。

- でも起業家精神があれば 日々、覚醒して自分が好きなことに没頭できるんだ。

だからリスクを取る価値がある。

もうすぐ山頂だ。

目の前じゃないか!

- 人生でもっとも身震いするほど怖い経験だった。

- 怖いったらないよ。

ここはとっても高いから。

- 次回はエレベーターを作ってくれないかな、ジミー?

- ここだよ、大丈夫?

やったぞ!

やったぞ!

かかった時間はたったの4時間半。

やったぞ!

やったんだ。

ノーラン。

やったー、ウヒョー!

やったぞ。それに生きてる。

登頂したんだ。

やったぞ!

登頂したから、名前をつけなきゃ。

ここは「Shopify」と名づけよう。

だって正直なところ、

Shopifyなくして成し遂げられなかったもの。

- Shopify山を征服したぞ。

shopify.com/behindbeastで

Shopifyによるボクの独占インタビューを観てね。

ここは今からShopify山だ。

カール、聞こえるか?

- ああ、聞こえるよ、どうぞ。

- 登頂したぞ。

- おめでとう、やったな!

- 山頂のボクらが見えるか?

- ちょっと待って。穴から出なきゃ。

- おい、穴って何だ?

- 違うよ、テント全体って言ったんだ。

テント全体だよ。

- そうか、わかった。

- 連中、3匹のアリみたいだな。

- ベースキャンプは10マイル以上先にある。

あのレンズでボクらが見えたら、クレイジーだな。

登頂の醍醐味って何かわかる?

- 何?- 下山すること。

- イヤだよ。勘弁して。

- それと忘れ物はなし。

だから旗も持って帰る。

- ここまで運んできたの、何だったんだよ?

- 連中、今頃キャンプで何してるかな?

- 知的なことじゃないだろうね。

- サイコーの雪日和!

- この寝袋、訳わかんない。

何だ、これ?

- なあ、ボク寝るよ。

- なあ、明け方4時だ。

ジミーがついに戻ってくるぞ。

登頂から。

- ボクが手がけた中でもっとも難しいことだったかも。

- もっとも難しいけど、もっともやりがいのあることだよ。

- 思ってもいないだろうね。ボクらが穴を掘ったなんて。

そこで穴に入って驚かせることにした。

- 待ちに待ったわが家だ、アー!

- マッサージしてくれ。

ああ、ジミー。

ボクはベッドじゃないって。

みんな、どこに行ったんだ?

- ノーラン!- ドリーム!

- ドリーム!- なんてこった!

どれだけ待ったことか。

- なんかおかしいぞ。

カールの「ウリャ、ウリャ、ウリャ」って声が聞こえない。

カール!

寝てるんじゃないかな。だって午前4時だよ。

カール!

なあ、みんな起きてるか?

- ジミーがすぐそこだ。ここから見えるぞ。

- 下にあるのは何だ?

なんてこった!

おい、どれだけ深い穴なんだよ?

- 8フィートはあるかな。

- 訳わかんない。

- 何がだよ?

単なる穴じゃん。

- そうだけど、なんで?

- 単に時間を有効に使おうとしただけさ。

- 疲れすぎて理解できないや。

- 穴に入って!

- [一同] やったー!

穴、穴、穴。- どうして?

どうして、こんなことしたんだ?

- [一同] 穴、穴、穴、穴!

- ボクも穴に入りたい。

- こいつは便利な穴だね。

iPadを取ってくれるかな?

- ああ。

- このiPadに何があるか、わかるかな?

- ペンギンの動画。

外れ。

今後公開されるミスタービーストの2本の動画。

- [一同] おー。

- みんなに選んでもらうよ。

「盲目の男性が初めて見る世界」を視聴したいか、

それとも「世界最大のバーガーを食べてみた」を観たいか?

- 「盲目の男性が初めて見る世界」

- ボクも盲目の男性だね。

- 了解。- いいじゃん。

かわいいiPad。

- 感想を聞かせてくれ。

動画の公開を楽しみに待っててね!

クレイジーだろ?

- そうだね。何だって?

- 素晴らしい。- とってもクールだったよ。

- 我慢できない。寒いよ。

寒すぎてカメラの画面が真っ暗になっちゃった。

- 外は凍えるほど寒いよ。

- もう、ここにはいたくない。

ベッドに直行するよ。

- こちらがテント用カメラ。

おやすみなさいのごあいさつ。

おやすみ、みんな。

- 登頂で精魂尽き果てた。

それで午前4時にベースキャンプに戻ってきた。

第3日目に起き出すのは、ほぼ不可能だった。

- 最終日だ。

準備はいいか?

ジム!- 何だよ。

- 飛行機が飛び立つ前に荷物をまとめないと。

そうしないと置いてきぼりにされちゃう。

ねえ、このフライトを逃したら、ジミー、

ここにもう1日いることになるんだよ。

- 1分でズボンを履くよ。

- ジミー、起きろったら!

- なあ、これがお前の最初のサバイバル動画か?

- ああ。

- 連中、テントから出てこないよ、デリック。

フライトを逃すことになる。

もう一度繰り返すことにしよう。

連中はフライトを逃すことになる。

ボクは間に合うけどね。

- ボクらはフライトに間に合うさ、ベイビー。

- 南極大陸の未開の地の美しさを保全することがとても重要なんだ。

キャンプの跡を何ひとつ残すことも許されない。

そこで連中に来たときの状態に戻させた。

3の後に「何も残さない」だ。

3。

- [一同] 何も残さない。

- でも、みんなボク同様に疲れきっていたから

事はそうテキパキと運ばなかった。

- もうエネルギーゼロだよ。

よし、それを中に入れて。

中に……

- ウワー!

- とうとうお目見えだ。

ダメ、ダメ、ダメ。やめろって。

- 敬礼!

- 全南極人にとって悲しい日である。

- 穴。- 今や埋まっていく。

- よし、埋めてくぞ。

3、2、さようなら、穴よ。

- さようなら、穴よ。

- 穴はボクの心に生きつづける。

- ジャーン!

家路に向かうぞ!

- [一同] そうだ。家だ、家だ、家だ、家だ!

- なあ、このペースを保てば、

飛行機が着陸する前に氷帯にたどり着けるぞ。

- [一同] 飛行機、飛行機、飛行機、飛行機!

- なあ、南極旅行に感謝だ。

- [一同] 南極大陸!南極大陸!

- ここが滑走路だ。

- やった。- よし、飛行機が見えた。

みんなのこと誇りに思うよ。

50時間南極大陸でサバイブしたんだから。

家に向かうぞ。サバイブしたんだ!

- やったぞ。

- ALEとEYOSに大いなる感謝。

この旅を可能にしてくれたんだ。

みんな楽しんでくれたよね。

- 家に帰れるぞ!

家だ、家だ、家だ!

当動画の音楽制作をしてくれたハンス・ジマーに感謝

それとBleeding FingersMusicのアダム・ルーカスとジェームズ・エバリンガムにも。

スコア制作: ラッセル・エマニュエル

comments powered by Disqus